林葉直子公式ブログ 最後の食卓

2014年05月

本日、私の占いサイトがyahooで公開されていました。

すいません。また、忘れていました。病院内をウロウロしている場合じゃなかったのでした。トホホ。


愛の王将占 林葉直子(yahoo!版)

http://charge.fortune.yahoo.co.jp/sion/na_sion/



不倫に関するお悩み、仕事に関するお悩み、愛の復活(元サヤ成就なるか?)の占いなんかをしております。
  不倫は経験もあるので得意ですよ。渦中の人にとってのプラス面とマイナス面もわかっているし、辛さもわかっているので、親身にアドバイスできると思います。
 仕事に関する悩みは勝負師として磨いてきた戦いの勘、勝利の掴み方を使っていますので、我ながら強力なアドバイスができていると思っています。
 愛の復活、元サヤ成就ですが、これは経験値を加味するのではなく、占い師としての私の気力、霊力を使うことになると思います。「大丈夫なのか、病人なのに!?」と思うかもしれませんが、正直なところ私にもわかりません。 でも、病院で寝てるよりは、皆さんのために精一杯使うのも絶対にありだと思ってるので、気軽にやってみてください。

で、携帯ではできないの?という質問ですが、ごめんなさい。いわゆるガラケーでは無理なのだそうです。スマートフォンならOKということでした。

それでは、また。

以前、病院内をブラブラしている(「入院のコツ」)というお話をしましたが、
わけもなく徘徊しているのではなく、おおまかなルートのようなものが最近できあがってきました。
まるで野生動物が自分のテリトリーをマーキングしているかのように、あっちでご挨拶、こっちで立ち話をしております。

で、ここ最近、毎日のように訪問するのが院内にあるお花屋さん。
ここのおじさんと仲良しになって、ついつい長話をしてしまうのですが、
そうなると足が痛くなるので昨日は手近にあったキティちゃんのイスに腰掛けました。
すると、おじさんが「あ、それに座ったらダメだ!」
私が「えっ!」と思った瞬間、ボキッという不穏な音。
「あんた、それはイスじゃないよ。ゴミ箱だよ(苦笑)」
「ごめんなさ~い。キティちゃんのイスかと思った」

それは蓋の上にキティちゃんのクッションを置いてあるだけの
よく見りゃ確かにゴミ箱。
ボキッというのは蓋が割れた音でした。
「ごめんね。蓋割っちゃった~」
「そんなことはどうでもいいよ。それより痩せてると思ったけど、ちゃんと蓋割るほど体重あるね、あんた。今度は箱ごと壊すほど太ってきてよ。ガハハハハ!」
「は~い」

花屋でゴミ箱を壊すまぬけな私。
ま、それでもなんとかやっております。

くぅ~~~! 来たよ、来た、私の部屋に西島秀俊さんが!


なんの予告もなく、突然! 

母の手荷物の中に、それは偶然!

彼のお姿はいつもどおりで、やっぱ断然!

彼を見て、私はもう呆然! 

いやあ、あまりの興奮についついラップまでしちゃったDJ.HAYASHIBAだ、YO!

なんて冗談はさておき、どういうことか、説明しますと、
お母さんが買ってきたコンビニの中に、
ウチカフェスイーツが入っていたんですYO!(まだやってる。へへ)

ウチカフェスイーツといえば、もちろん、西島さんがCMを担当している、あの商品。
もぉ~~~、こういう嬉しいサプライズが乙女心をビンビンさせるのよ~。

病院で食べるケーキ。西島さぁ~んを思いながらだと更においしい。

う~ん、天国!

IMG_0717

ちょっと溶けてしまったのが残念! 
でも、腹に入ってしまえば、一緒だ。さあ、これから西島さんを食す、もとい西島さんが宣伝したケーキを食します。

では、また!
 


 

さて、今日ご紹介するのはお風呂でございま~す。
IMG_0689
 
ちょっと大きめですね~。
なんと、私はここにオールヌードで入るわけです。イヤン♡ 想像しないで~。

なんつってね。
いまのガイコツボディでは見せたところで仕方なし。
浴場なのに欲情なしですな。グフフフ。 

ま、冗談はほどほどにして、実は私はいまシャワーしか浴びることができませんので、
浴槽にはつかりません。
そのシャワーにしても手が肩より上に上がらないことがあったり、
上げた手がそのまま固まって下がらなくなることもあります。
まさにバンザイ、お手上げ状態になります。
もしも、湯船に使ってる時にこの状態になると溺れる可能性もあるので、
お風呂に入れないというわけです。

病気って難儀ですな~。

皆さん、健康には本当に気をつけてね。
それでは、また。


先日、母が面白いものを見つけて持ってきてくれました。

皆さん、布の将棋盤って見たことありますか?
たぶん、あまりないと思いますが、将棋の世界では結構、常識。
いつでもどこでも研究できるようにと、駒と布盤は奨励会員の必携なのです。
かく言う私も持っておりました。
それがコレです。
写真 (1)

懐かしいなあ。もう30年近く前になりますが、実はコレ、私の手縫いなんです。

どうですか? 家庭科1の実力が存分に発揮された、ガタガタの線!
新品同様の美しさなのは、たいして使ってなかったことの証!
いやあ、ホント、お恥ずかしい(*´∀`) 
いろんな意味で甘酸っぱい青春の思い出の品でございます。

とりあえず、本邦初公開の品。
出来栄えなどはあまり気になさらず、あくまで珍品という角度からの鑑賞をお願いいたします。

では、また~。



 

↑このページのトップヘ