ふ~、昨日で取材は一段落。
ここ数日は凄い電話の数だったし、
ブログのほうも31万アクセスもあったと聞いて驚きました。
久美ちゃん、コメントありがとうね。
わかってくれてると思うけど、私は昔と変わってないよ。大丈夫だよ。
ほかの皆さんもいろいろ心配していただいてありがとうございます。
いろいろ思うことはありました。参考にして生きていきますね。

あと、母親には怒られた~。
「あんた、こんな本書いて! 親族の悪口だけは書いとらんだろうね!」とか。
う~~~。
ともかく、ここ数日よく働いたぜ!
せっかく書いた本だから頑張って宣伝しましたよ。
皆様、ぜひ読んでください。

病気でも明るく生きられるし、楽しみも見つけられます。
私の場合は甘味と、愛鳥ばっちゃまん。
そして折にふれてやってきてくれる母親、姉、弟。
入院せず、介護もなく、一人暮らししながらやっていくのが私には性に合っています。
もちろん不安はありますよ。
トイレでこけただけで動けなくなりますからね。
トイレは油断できないですよ(笑)。
冷蔵庫の下のものを取る時もうかつに動くと危険ですねえ。
骨がコキッとかいったり、頭がクラクラしますね、大抵(笑)。
でもね、病院にいるよりはマシ。
皆さんが思っている以上に楽しく幸せに暮らしています。
テレビ見てれば普通に安倍政権には腹が立ちますしね。
福島の人たちのこと、もう考えないの?って。

あれや、これや、病気の中で思ったことを本にしました。
皆様、どうかど~か読んでくださいませ。
では、とりあえず、ちょっと休みます。働き過ぎた~。